医者

不妊治療で原因を探ろう|健康な子供を作るための対策

妊娠率を上げるために

考える女の人

できるだけ早めに受診を

不妊治療は早すぎて困ることはありません。治療が遅れると、それだけ妊娠率は低下していきます。また高齢出産のリスクも高くなります。自然に妊娠できれば最も望ましいと言えますが、どうしても子どもが欲しいなら、早めに医療機関を受診することが大切です。不妊治療は体質改善やタイミング法からスタートするのが一般的です。それで効果がない場合は、人工授精や体外受精に進むことになります。これらの治療にも複数の方法があって、大阪には高度な技術の採用により、妊娠率を高めているクリニックも少なくありません。なお人工授精や体外受精は、原則として婚姻関係にある男女しか行なえません。そのため戸籍謄本の提出が求められることもあります。

医療機関の選択肢は多い

大阪には一般の婦人科や泌尿器科医院のほかにも、不妊治療を専門にしているクリニックが数多くあります。全国や海外で豊富な経験を積んだドクターも在籍し、先端技術を積極的に取り入れています。人工授精や体外受精の症例数が多く、実績を確認できるのも大阪の特徴です。口コミサイトなどで情報を集めれば、希望に合ったクリニックを選ぶことができます。男性医師に抵抗があるという女性は、女性医師の診察を受けることができます。反対に男性側の原因で不妊になっている場合は、専門の男性医師が治療にあたります。このように大阪では不妊治療の選択肢が多いので、どんなことでも気軽に相談でき、結果的に妊娠の確率も高くなると考えられます。