医者

不妊治療で原因を探ろう|健康な子供を作るための対策

妊娠と出産

ウーマン

年齢との関係性

女性の場合は特に、年齢が高くなると妊娠できる力も低下すると言われています。晩婚化しつつある現代では女性の出産年齢も引き上げられていて、30代で出産する人の割合が増えてきました。一昔前までは35歳からは高齢出産とされていて、母体にかかるリスクが高くなるという事と、流産率も高くなり、更に胎児異常の確率も高まるとされていました。そもそも妊娠できる可能性が低くなるので、30代半ば以降で子宝に恵まれないという方は早めに不妊治療を行ったほうが良いかもしれません。不妊治療は高額な費用が掛かると思われがちですが、治療内容によっては保険が効きますので自己負担を軽減させることが可能です。2年以上タイミングを合わせても妊娠しない場合は不妊を疑いましょう。

原因

高齢になれば妊娠力が下がります。もちろん、高齢だからと言って産めない訳ではありません。月経がある限り妊娠の可能性は残されていますが、年齢と共に卵子も劣化するので、妊娠したとしても流れてしまう確率が高くなるのです。女性は特に妊娠できる年齢が限られていますので、子作りをしているのにも関わらず長年妊娠に至らない場合は不妊症の可能性があるので治療をしたほうが良いかもしれません。高齢出産にはリスクがつきものです。近年増えているのが卵子を凍結しておく方法です。すぐには子供は欲しくないけれども、いずれ欲しいと思った時に卵子の質が低下していて妊娠出来ない恐れがあるので、若いうちに質の良い卵子を凍結しておくことでいざという時の為にもなります。そういった治療法もあるのです。